HOME  海外で納豆を

海外で納豆を

海外で納豆を
キョウワの乾燥納豆の特質する点は納豆菌を凍結することで、眠った状態にしておくことです。
このため海外にお持ちいただいて、納豆としてお食べいただくことができることです。
特に中近東の水にウイルスが多い場所での納豆菌の効果があるといわれています。
    納豆菌は非常に強く腸内で他の菌を食べてしまうのだそうです。
    食事の前に納豆菌を食べていると、この納豆菌の整調作用に下痢が軽減されるといわれています
  
   乾燥納豆から納豆に戻す場合は
  • ① 乾燥納豆をコップに適量入れる
  • ② 乾燥納豆がひたひたとなるぐらいまで水を入れる
  • ③  約3時間以上そのまま蓋をして置いておく
こうしてできた納豆にそれぞれお好きな薬味や調味料を入れてかき混ぜてお食べください
   
 納豆に戻すため乾燥納豆、水、コップを用意  乾燥納豆をコップに入れます
   
 乾燥納豆に水を入れるところ  水をひたひたまで入れたところです
   
 水は納豆が吸い込みました  元の納豆に戻ってきました
ドライ納豆の効果効能
JALの機内サービスでは、ドライ納豆はエコノミー症候群対策として利用されていたようです。
大豆オリゴ糖や食物繊維が腸環境によく働き、強い抗酸化力のある大豆イソフラボン(ポリフェノールの一種)を持つ女性の味方食材です。
油脂で揚げたドライ納豆や納豆ふりかけにはナットウキ ナーゼは壊れてありません。
又ナットウキナーゼの働きは8~12時間の為、朝・夕の2回に分けて摂取されることをお勧めします。
干し納豆やフリーズドライ製法は高温製造しない為ナットウキラーゼを残したままお召上がり頂くことが出来ます。
【お召上がり方】
そのままポリポリとお召上がり下さい。
お茶請けに、お酒のつまみに最適のおつまみです。
納豆が食べれないという方でも、このドライ納豆は好きという方も多くいらっしゃいます。
【特徴】
◆日本人の健康を支えてきた食材、大豆。数ある大豆食品の中でも圧倒的な健康効果を持つのが納豆です。大豆そのものが持つ栄養に加え、納豆には発酵食品ならではの様々な効果があります。
乾燥納豆の選び方
ドライ納豆は色々なメーカーさんがお勧めしています。これは好き好きですが、私が色々食べた中でいうと、この「ドライ納豆」が最高だと思っています。 一概は言えませんが、私の知人で納豆が食べれないという関西の方でも、このドライ納豆は食べれる!という方が結構います。なので納豆は健康にいいのは分かっているけど、苦手で・・・という方にも一度試して頂きたいなーという商品です。このドライ納豆ですが、お茶請けは勿論、ビールへの相性が抜群に良いです。是非おつまみに食べて頂きたい一品です。 香ばしさと味わい深さがタマリマセン。

 商品名  【キョウワコーポレーション】乾燥納豆 1kg
 内容量  1kg
 保存方法  直射日光・湿気を避け、常温で保存してください
 原材料表示  大豆(遺伝子組替え原料は使用しておりません)・納豆菌
 製造者もしくは販売者  株式会社 キョウワコーポレーション 
 広島市西区草津港1-9-1 082-277-2779

【海外にも持っていける!!】 キョウワコーポレーション 乾燥納豆 1kg
海外にも持って行けます!!便利な乾燥納豆。
栄養価が高い(普通の納豆より栄養成分が凝縮されている)ので、非常食としても最適。
フリーズドライなので海外にも持ち出せます。

←乾燥納豆の購入はこちらから